文学に触れる

人の教養や人生を豊かにするためには、知識があって困ることはありません。本09
正しい知識や、豊富な見識はその人の人生を豊かにしてくれることは間違いな
いでしょう。たとえば、夏目漱石先生の作品「こころ」は日本文学の中でも高
く評価されていますが、そのような豊かな感受性を持つことによって、毎日の
生活を豊かに遅れる事は間違いないといえます。
つい、普段から単純なワンパターンの生活になりがちな人は、出来る限り意識
を変えてみるようにすると、新しい発見があるものです。なかなか自分で自発
的にそのような習慣の改善は難しいものですが、放置しておくと健康を害する
結果になってしまうことがあります。出来る限りバランスの良い生活を送るこ
とで、自然と発見できることも多くなっていきます。
文学は、知識を得る方法としては、本当に素晴らしいものです。自分では気づ
いていないだけで、そこでは多くの知るべきことがあるといえます。無理のな
い範囲で、新しいことを発見する意識を持ってみるというのはいかがでしょう
か。そうすれば、自分の生きる生活の中で新しい財産を確保できることは間違
いないことです。ぜひ、そのような有意義な生活を身につけるようにしておく
ことが大切になります。

TOPへ戻る